次の時代を担う子供の教育を考えるブログ

女の子、男の子の二人の子供を持っています。この激動の時代を強く生きてほしい。次の世代を力強くになってほしい。親としても試行錯誤しています。

シンガポールはタバコにうるさい印象があるが実際にはどうか?体験記

シンガポールは、タバコやガムなど厳しいイメージがありますよね?

 

実際にガムはお店で売ってませんし、

タバコも葉巻きたばこを持ち込む際は、1箱から課税されます。課税せずに持ち込んだ場合には罰金が請求されます。。

また、加熱式たばこは持ち込みが禁止されています。

 

そんなシンガポールに愛煙家としていく際には、ネットでかなり調べて、構えて出国しました。

 

シンガポールへ加熱式たばこは持ち込めない

普段加熱式たばこを愛用していますが、もちろん持ち込みません。

空港の免税店でも、当然買いません。

二箱だけ、普通の葉巻タバコを購入し、一箱は羽田空港で二本だけ吸いました。

そして、出国、搭乗。

あっという間の7時間で、現地につきます。

 

シンガポールの税関はほぼノーチェック

税関のチェックはどうなんでしょうか?

飛行機を降りて、入国審査を通過し、預けた荷物を取りに、バッゲージクレームに向かいます。

そういえば申告用の紙などはないなぁ。なんて思いながら、出てくる荷物を待ってました。

 

出口を見ると、CUSTOMと大きく書かれてます。

お、ここだな。と、少々緊張します。

しかし、すぐ横に大きな荷物のスキャンマシン。。あーなんかX線を通さないとなんだなぁ。なんてことを考えながら、出口に向かったら、申告ない人はこちら。的な看板があり、そのままみんなと同じ流れにそって出口へ。普通に通過!

ほっと一安心。そんなに悪いことしてないですが。。

 

街中には喫煙できる場所がたくさんある!

街中はどうなんでしょうか?

チューインガムも持ち込めないとのことで、喫煙所があるのかドキドキ。

 

結果的には、たくさんありました。

日本では建物内も通りでも喫煙所が少ないですが、シンガポールは道に喫煙場所はたくさんあります。

 

こんな感じのゴミ箱があるところは、タバコを吸ってOK

f:id:nazpapa:20190816171743j:image

 

 

コンビニで普通にたばこが買える

たばこはコンビニで普通に購入できます。

ただし、展示されてませんので、ちょっとわかりにくい。

店員さんに、I'd like to buy タバコ と言えば出してくれます。

 

ただし、値段はやっぱり高い。

14$程度。日本円では1000円超えてきますね。。

 

まとめ

シンガポールは喫煙に厳しい国というイメージがありますが、実際に行ってみたら、それほどでもありませんでした。

 

シンガポールに行く際の参考になれば幸いです。

 

 

スポンサーサイト

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

スポンサーサイト