次の時代を担う子供の教育を考えるブログ

女の子、男の子の二人の子供を持っています。この激動の時代を強く生きてほしい。次の世代を力強くになってほしい。親としても試行錯誤しています。

夏休みの自由研究どうする? 最近のオススメはSTEM教育ネタらしい

夏休み始まりましたね。

 

宿題を休みの最初に終わらせてめいいっぱい遊ぼうとする子ども。

宿題は最後にやればよく、とりあえずめいいっぱい遊ぼうとする子ども。

 

うちは、上の子は後者、下の子は前者。

同じように育てて来たのに不思議ですねー。

 

夏休みといえば自由研究

さて、夏休みの宿題の一つに自由研究があると思います。

読書感想文や、植物や生き物の観察などが定番ですが、

子どもにいろんな興味を持たせるチャンスです。

 

ちなみに、学校の宿題としての自由研究をやりながら、一般に公募されている自由研究にも応募して、賞品ゲットするのも、子供のやる気が出ておすすめです!

educatemychildren.hatenablog.com

 

 

最近特にSTEM教育が注目されています。

 

 

STEM教育って何?

STEMとは、Sience、Technology、Engineering、Mathmaticsの略で、ざっくり言うと理系の教科のイメージでしょうか。

企業の就職やスタートアップを作るときに圧倒的に求められる能力になる。

市場価値が大きく異なると言われています。

 

スポンサーサイト

 

 

自由研究をどうやるか?

自由研究は、このSTEMに興味を持ついいきっかけになるはずです。

 

やり方は色々あります。

 

例えば、無料で使えるツールを使ってゲームを作ってみる。

これは、小学校低学年でも感覚的に使えて覚えることも可能ですが、高学年の方がより有効だと思います。

 

アメリカの理数系トップの大学MITが開発したScrachというサービスがあります。

無料で使えるのでとってもいいと思います。

詳しくはこの記事を参照ください。

educatemychildren.hatenablog.com

 

 

もう一つはあのレゴ社が開発したレゴを組み立てて、PCやiPadと繋げてプログラミング(とっても簡単です)を行うというサービス。

遊んでいるうちに学習できます。

 

こちらは、未就学児でも使えますので、小学校低学年から利用できます。

難点はちょっと高い事でしょうか。。

詳しくはこちらの記事を参照。

educatemychildren.hatenablog.com

 

 

もう一つは、8割遊びになりますが、spheroというラジコンのようなサービス。

スマホの無料アプリをダウンロードすれば、ラジコンやドローンのように操作できます。

これだけで結構面白いので子供は夢中になるのですが、

このアプリにプログラミングして、動かすことができるのです。

イメージ的には床にテープで、迷路を作っておいて、プログラミングで10cm進んだら止まり、右に30cm進む。といったプログラムを書いてゴールまでできるようにする。

こんなイメージです。

 

詳しくはこちらの記事を参照。

educatemychildren.hatenablog.com

 

スポンサーサイト

 

 

他にも参考となる書籍が多数あります。

 

 

工作でわかるモノのしくみ: AI時代を生きぬくモノづくりの創造力が育つ

工作でわかるモノのしくみ: AI時代を生きぬくモノづくりの創造力が育つ

 

 

クイズ&パズルでわかる数と図形のナゾ: AI時代を生きぬく算数のセンスが育つ

クイズ&パズルでわかる数と図形のナゾ: AI時代を生きぬく算数のセンスが育つ

 

 

 

STEM教育関連の記事

educatemychildren.hatenablog.com

 

スポンサーサイト